BLOG

現場ブログ

解体をした方が売却しやすい?(群馬県高崎市解体ブログ)

2024.06.25

群馬県高崎市にお住いの皆様こんにちは!

群馬県高崎市を中心に解体工事をしております

解体専科ミライエです(^^)





 





 

不動産の売却を検討している際、「解体をした方が売却しやすいのか」という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

解体の有無が不動産の売却にどのような影響を与えるかについて詳しく説明いたします。





 





 

建物付き土地と更地の違い





 

建物付き土地

建物が付いている土地をそのまま売却する方法です。

建物が古い場合や状態が悪い場合、買主にとってリノベーションや建て替えが必要となることが多いため、購入意欲が低下する可能性があります。

更地

建物を解体し、更地にして売却する方法です。

更地は建築プランが自由であるため、買主が新たに建物を建てやすく、購入意欲が高まる傾向があります。





 

解体を検討する理由





 

買主のニーズに応じる

古い建物はリノベーションや解体費用がかかるため、買主にとって負担となります。

更地であれば、購入後の計画が立てやすく、需要が高まります。

土地の評価が上がる

建物が古い場合、建物の評価額が低くなることがあります。

解体して更地にすることで、土地本来の価値が評価されやすくなります。

売却期間の短縮

更地は一般的に売却しやすく、売却期間が短くなることが期待できます。

買主がすぐに新築計画を立てられる点が魅力です。





 





 

解体費用とそのメリット





 

解体には費用がかかりますが、そのメリットを考慮すると、投資として価値がある場合があります。

以下に、解体費用の目安とそのメリットを示します

解体費用の目安

木造住宅:1坪あたり3万円~5万円

鉄骨造住宅:1坪あたり4万円~6万円

鉄筋コンクリート造:1坪あたり5万円~8万円

解体のメリット

売却価格の向上:解体後、更地として売り出すことで、土地の価値を最大限に引き出すことができます。

市場の幅を広げる:建物が不要な買主にもアピールできるため、購入希望者の幅が広がります。

税制上のメリット:固定資産税や都市計画税は、更地にすることで軽減される場合があります。

解体をしない場合のデメリット

建物を残したまま売却する場合、以下のデメリットがあります

売却価格の低下

古い建物が付いていると、買主はその解体費用やリノベーション費用を考慮するため、売却価格が低く設定されることがあります。

売却までの期間が長くなる

購入後に大規模なリノベーションや解体が必要な場合、買主が限定され、売却までの期間が長くなる可能性があります。

維持費の増加

建物が残っている間は、固定資産税や維持管理費が発生します。売却までの期間が長引くと、その負担が大きくなります。





 

まとめ





 

解体して更地にすることで、不動産の売却がしやすくなるケースが多いです。建物が古く、リノベーション費用がかかる場合や土地の価値を最大限に引き出したい場合、解体を検討することをお勧めします。





 





 

解体専科ミライエでは

お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については随時受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。





 

無料相談はこちらをクリック⇓⇓⇓

お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button