BLOG

現場ブログ

相続した建物を解体する場合のメリットとデメリット(群馬県高崎市解体ブログ)

2024.05.01

群馬県高崎市にお住いの皆様こんにちは!

群馬県高崎市を中心に解体工事をしております、解体専科ミライエです(^^)

今回は、相続した建物を解体する際のメリットとデメリットについてご紹介します。


高崎や前橋にお住まいの方で、遺族関係などで建物を相続し、住む予定がなく老朽化や空き家となってしまっていて

解体工事をご検討中の方もいらっしゃることでしょう。

相続したままの空き家を放置すると大きなトラブルの原因になる可能性もあります。

今回は相続した建物を解体する際のメリットとデメリットをご紹介します。





Contents 【目次】
・【高崎市解体工事】相続した建物を解体するメリット
・【高崎市解体工事】相続した建物を解体するデメリット
・【高崎市解体工事】まとめ



相続した建物を解体する【メリット】





維持管理の負担軽減




相続した建物を解体することで、空き家の維持管理にかかる負担がなくなります。

建物を維持するための手入れや清掃が不要になります。





売却しやすくなる




解体により更地になることで、売却がしやすくなります。

建物がない状態は、買い手がつきやすい傾向があります。

また、内装解体やリフォームを施すことで、買い手の引きつけが強まります。





老朽化による倒壊リスク回避




空き家が老朽化して倒壊の危険がある場合、解体によってそのリスクを未然に回避できます。

建物の老朽化が進んでいる場合、安全性への懸念が生じることがあります。





特定空き家等指定リスクの回避




相続した建物が一定の条件を満たす場合、特定空き家等に指定され、固定資産税が増加する可能性があります。

解体により、このリスクを防ぐことができます。


相続した建物を解体する【デメリット】





解体費用の負担




相続した建物を解体するには一定の費用がかかります。

地域や建物の条件によって異なりますが、解体費用は高額になることがあります。

ただし、空き家解体補助金や空き家解体ローンの活用ができる場合もあり、費用を抑える手段も存在します。





固定資産税増加の可能性




解体後に売却が難しい場合、土地の評価が上がり、固定資産税が増加する可能性があります。

解体によって建物がなくなることで、固定資産税にかかる軽減措置が適用されなくなります。





まとめ





今回は相続して空き家になってしまっている建物を解体するメリットとデメリットについてお話しました。

相続を受けた場合は、慎重な計画と専門家のアドバイスを得ながら、最適な選択を検討してください。



解体専科ミライエでは、お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については、随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。


来店予約はこちら⇓


お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button