BLOG

現場ブログ

手壊し解体が必要になるケースとメリット(群馬県高崎市解体ブログ)

2024.04.29




群馬県高崎市にお住いの皆様こんにちは!
群馬県高崎市を中心に解体工事をしております

解体専科ミライエです(^^)

今回は家屋解体や解体工事の現場において、手壊し解体が必要になるケースとそのメリットについてお話します。








Contents 【目次】

・【高崎市解体工事】手壊し解体とは

・【高崎市解体工事】手壊し解体が必要な理由

・【高崎市解体工事】手壊し解体のメリット

・【高崎市解体工事】まとめ

 

手壊し解体とは





手壊し解体とは、人の手だけを用いて建物の取り壊しや解体作業を行うことを指します。

通常、家屋解体や解体工事では重機を使用して一気に建物を取り壊していくイメージがあります。

しかし、平成14年に施行された建設リサイクル法により、建物のミンチ状態への解体(ミンチ解体)が禁止されました。

代わりに、建物の解体時に排出される廃棄物を種類ごとに分別して処理する「分別解体」が求められるようになり、

そのため手壊し解体が必要となりました。

手壊し解体では、人の手を使って建材を取り外したり、手作業で解体を進めたりすることが主な作業内容です。

従来のような一括での解体ではなく、建材の分別や手作業が必要となります。





手壊し解体が必要な理由





手壊し解体が必要な理由は様々で、例えば、一般的な住宅の解体工事に使用する重機の幅は2m程度あり、

解体物件に面する道路の幅が2m以下の場合、道幅が狭くて重機が搬入できないなど、

解体現場の環境や条件によっては重機が使用できないことがあります。

また、法律の規制により、建物の解体方法が制限される場合もあります。

そのような場合に手壊し解体が必要になります。





手壊し解体のメリット





騒音や振動の発生が抑えられる
一般的な家屋解体や解体工事では、重機を使用することによって騒音や振動が発生します。

これは近隣住民にとってストレスとなり、クレームの原因ともなり得ます。

しかし、手壊し解体では人手による作業が主体となるため、騒音や振動の発生が抑えられます。

これにより、近隣住民の生活を損なうことなく工事を進めることができます


粉塵の飛散が抑えられる

家屋解体や解体工事では粉塵の飛散も問題となりますが、手壊し解体ではそのリスクを低減することができます。

重機を使用する場合に比べて粉塵が飛散しにくく、養生シートの設置や散水作業を行う必要性も低減されます。

近隣住民や通行者への影響を最小限に抑えながら、安全かつ効果的に作業を進めることができます。


安全かつ丁寧な作業が可能

手壊し解体では、作業員が建物を丁寧に解体していくため、安全性と作業品質が確保されます。

重機を使用する場合に比べて、事故や損傷のリスクが低減されるだけでなく、細かい部分の作業も行えるため、

解体作業全体の品質が向上します。これにより、解体現場の安全性が高まり、作業効率も向上することが期待されます。


まとめ

手壊し解体にはこれらのメリットがありますが、一方で解体費用が高くなるというデメリットも考慮する必要があります。

しかし、近隣住民や環境への配慮や作業品質の向上を重視する場合には、手壊し解体が有効な解決策となることがあります。


⇓来店予約はこちら⇓


解体専科ミライエでは

お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については、随時受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。




お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button