BLOG

現場ブログ

実家が空き家になったらどうする?(群馬県高崎市解体ブログ)

2024.06.23




 

群馬県高崎市にお住まいの皆様こんにちは!

群馬県高崎市を拠点に解体工事を行っております

解体専科ミライエです(^^)





 





 

現代社会では、実家が空き家になることが増えています。

親世代が住んでいた家が空き家になる理由は様々ですが、多くの場合、家族の誰もが住む予定がないことが原因です。

今回は 実家が空き家になった場合に取るべき対策や、その選択肢について詳しく解説します。





 





Contents 【目次】

・【高崎市解体工事】空き家がもたらすリスク

・【高崎市解体工事】空き家に対する対策

・【高崎市解体工事】解体のメリットと費用

・【高崎市解体工事】まとめ

 





 

空き家がもたらすリスク





 

老朽化による安全性の低下

長期間放置された空き家は徐々に老朽化が進みます。建物の劣化により倒壊の危険性が高まります。

不法侵入や犯罪の温床

誰も住んでいない空き家は、不法侵入や犯罪のターゲットになりやすいです。

周囲の景観や衛生状態の悪化

管理が行き届かないため、雑草が生え放題になったり、害虫や害獣が発生したりします。これが周囲の景観や衛生状態に悪影響を及ぼします。

固定資産税の負担

空き家であっても固定資産税は発生します。使われない家の税金を払い続けるのは負担が大きいです。





 

空き家に対する対策





 

売却する

空き家を売却することは、多くの人が最初に考える選択肢です。早めに売却することで、固定資産税や管理費用の負担を減らせます。

賃貸に出す

もし家の状態が良く、賃貸需要がある地域であれば、賃貸に出すのも一つの方法です。賃貸収入を得ることで、維持費用をカバーできます。

リフォームして再利用する

家の一部をリフォームして、自己利用や賃貸に出すことも考えられます。リフォームすることで家の価値を上げることも可能です。

解体して土地を売却する

建物が古く、リフォームや賃貸が難しい場合、解体して土地だけを売却するという方法もあります。更地にすることで、売却のしやすさが増します。

寄付や自治体の空き家対策を利用する

一部の自治体では、空き家対策として補助金を出している場合があります。これを利用してリフォームや解体を行うことも検討できます。





 

解体のメリットと費用





 

解体のメリット

安全性の向上:老朽化した建物を取り壊すことで、倒壊などの危険性を排除できます。

土地の有効活用:更地にすることで、土地を有効に活用することが可能になります。

固定資産税の軽減:更地にすることで、税負担が軽減される場合があります。

解体費用

解体費用は、建物の大きさや構造、地域によって異なりますが、一般的に木造住宅の解体費用は20万円から50万円程度です。鉄骨やRC造の場合はさらに高くなることがあります。





 





 

まとめ





 

実家が空き家になった場合、そのまま放置することは多くのリスクを伴います。

売却、賃貸、リフォーム、解体など、さまざまな選択肢を検討し、早めに対策を講じることが重要です。





 





 

解体専科ミライエでは

お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については随時受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。





 

無料相談はこちらをクリック⇓⇓⇓

お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button