BLOG

現場ブログ

古い家は解体しやすい?(群馬県高崎市解体ブログ)

2024.07.02

群馬県高崎市にお住まいの皆様こんにちは!

群馬県高崎市を中心に解体工事を行っている

解体専科ミライエです(^^)





 





 

古い家の解体は、新しい家に比べて一般的には解体しやすいと言われていますが、実際にはさまざまな要因が影響します。ここでは、古い家を解体する際のポイントや考慮すべき点について詳しく説明します。





 

古い家の解体がしやすい理由





 

構造のシンプルさ

古い家は比較的シンプルな構造で建てられていることが多く、現代の建物に比べて解体が容易です。特に木造住宅の場合、材料の取り扱いが簡単で解体作業がスムーズに進みやすいです。

使用材料

昔の家は、現在の建物に比べてアスベストなどの有害物質を含んでいないことが多いため、解体に伴う特別な処理が不要な場合が多いです。ただし、一部の古い建物にはアスベストが使用されていることもあるため、事前の調査が必要です。

許可の取得が簡単

古い家は通常、建築基準法の改正前に建てられたものであるため、解体にあたっての許可取得が比較的容易です。新築や増築の際には現行の基準を満たす必要がありますが、古い家の解体だけであれば手続きがシンプルです。





 

古い家の解体が難しい場合





 

老朽化による危険性

古い家は老朽化が進んでいるため、解体作業中に予期せぬ崩壊や事故のリスクが高まります。特に、耐震性が低い建物やシロアリ被害を受けた建物は注意が必要です。

環境への配慮

古い家の解体では、環境への配慮も重要です。廃材の適切な処理やリサイクルが求められます。特に、木材や金属などリサイクル可能な素材は適切に処理することで環境負荷を減らすことができます。

歴史的価値

一部の古い家は歴史的価値があるため、簡単に解体することができない場合があります。文化財として保護されている建物や、地域の歴史を象徴する建物については、解体前に適切な手続きが必要です。





 

解体費用の比較





 

解体費用は、建物の規模や構造、使用材料によって異なりますが、一般的には古い家の解体費用は新しい家の解体費用よりも安くなることが多いです。以下に大まかな費用の目安を示します





 

木造住宅:坪あたり2万〜3万円

鉄骨造住宅:坪あたり3万〜5万円

RC造住宅(鉄筋コンクリート造):坪あたり5万〜8万円





 

まとめ





 

古い家の解体は、新しい家に比べて比較的しやすいと言われていますが、実際にはさまざまな要因が影響します。構造のシンプルさや使用材料の違いにより解体が容易な一方で、老朽化によるリスクや環境への配慮も重要です。





 





 

解体専科ミライエでは

お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については、随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。





 

無料相談はこちらをクリック⇓⇓⇓

お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button