BLOG

現場ブログ

分離発注とは?メリット・デメリット(群馬県解体ブログ)

2024.06.19

群馬県高崎市にお住いの皆様こんにちは!

群馬県高崎市を中心に解体工事をしております、解体専科ミライエです(^^)

今回は、分離発注についてのお話です♪


Contents 【目次】

・【高崎市解体工事】分離発注とは?
・【高崎市解体工事】分離発注のメリット
・【高崎市解体工事】分離発注のデメリット
・【高崎市解体工事】最適な選択をするために



分離発注とは?





分離発注は、建物の建て替えや改修工事を一括でなく、各工程(例えば解体工事、建築工事、設備工事など)を

それぞれ専門の業者に分けて発注する方法です。

通常、一括発注では総合建設会社やハウスメーカーが全ての工事を請け負い、

各工程に対して中間マージンを含んだ見積もりを提出しますが、分離発注では建て主が各専門業者と直接契約を行います。





分離発注のメリット





解体工事費用の削減

一括発注方式では、総合建設会社が管理する中で解体工事も含まれており、そのための中間マージンが発生します。

しかし、分離発注では解体工事を専門店に直接依頼することで、この中間マージンを省くことができ、

解体工事費用を約25%削減することができます。





価格の透明性と納得の契約

分離発注では、建て主が解体工事の専門店と直接交渉し契約を結ぶため、

価格や工事内容について細かく話し合うことができます。

見積もりの詳細や必要なオプションについても明確になるため、

後々の追加費用やトラブルのリスクを減らすことができます。





業者との直接的なコミュニケーション

専門の業者と直接やり取りすることで、工事の進捗管理や細かな要望の伝達がスムーズに行えます。

業者も直接依頼されることで、より責任感を持って作業に取り組むことが期待でき、品質の向上にも繋がります。





分離発注のデメリット





時間と手間の増加

分離発注は、解体工事だけでなく建築や設備工事もそれぞれ専門業者を探さなければならないため、

手続きや調整に時間と手間がかかります。

特に複数の業者との打ち合わせや契約の手配には、計画と準備が必要です。





工事全体の統括責任

分離発注では、各専門業者との契約を建て主自身が行うため、工事全体の統括責任が増えます。

各業者のスケジュール調整や品質管理、トラブル時の対応も、建て主自身が負う必要があります。


最適な選択をするために





分離発注は解体工事費用の節約と品質管理の向上に寄与しますが、それには時間と労力が必要です。

一方、一括発注方式は一元管理により手間が少なく、統括責任も軽減されます。

計画段階での工事全体の把握と、自身の予算と時間の許容範囲を考慮し、最適な方法を選択することが重要です。





解体専科ミライエでは、お客様との信頼関係を大切にし、安心・安全なサービスを提供しております。

お見積りやご相談については、随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください<(_ _)>

皆様のお問合せをお待ちしております。


来店予約はこちら⇓


お問い合わせ

解体のことなら、どんな些細なことでも
ご相談ください

解体専科ミライエは群馬県で安心安全のサービスを
適正な価格でご提供する解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、庭周りの撤去、
アスベスト調査まで安心してお任せください。

群馬県対応エリア

解体専科ミライエは

"群馬県全域"に対応しております!

  • ●高崎市
  • ●前橋市
  • ●桐生市
  • ●伊勢崎市
  • ●太田市
  • ●沼田市
  • ●館林市
  • ●渋川市
  • ●藤岡市
  • ●富岡市
  • ●安中市
  • ●みどり市
  • ●その他町村郡すべて
Close Button